りゅうじのRails学習のアウトプットblog

初学者による初学者の為の記事です。

2021年9月14日 図解入門 TCP/IP

アプリケーション層で動作する機器

  • 次世代ファイヤーウォール
    ファイアウォールの進化版です。色々なセキュリティ機能を詰め込み、統合化を図っています。IPアドレスやポート番号だけでなく、いろいろな情報をアプリケーションレベルで解析することによって、トラディショナルファイアウォールより高次元のセキュリティ、高次元の運用管理性を実現しています。

  • WAF(ワフ)
    Web Application Fireの略。
    WAFはクライアントとサーバー間でやりとりされる情報のふるまいをアプリケーションレベルで一つ一つ検査し、必要に応じてブロックします。

  • 負荷分散装置(L7スイッチ)

負荷分散方式という決まり事に基づき、背後にいる複数のサーバーに振り分けることによって、システム全体で処理できるトラフィック量の拡張を図ります。また、ヘルスチェックと呼ばれる、定期的なサービス監視を行うことによって、障害の発生したサーバーを負荷分散対象から切り離し、サービスのサービスの可用性向上を図ります。

負荷分散対象から切り離すイメージ…?

1 2 3 4 5
🪨 🪨 🪨 🪨 🪨
🙋‍ 🙋‍ 🙋‍ 🙋‍ 🧎 <無理

1 2 3 4 5
🪨 🪨 🪨 🪨 🚧 <切り離そう
🙋‍ 🙋‍ 🙋‍ 🙋‍ 🚧 <ここは使わないで


まとめ

ここまで物理層からアプリケーション層までの機器を数珠つなぎに繋いでいけます。

参考

本書のみ